証券会社と銀行の違い

間接金融とは、第三者からお金を借りて、お金を借りたい人にお金を貸す金融機関のことをいいます。
代表的な金融機関に銀行があります。
預金者がお金を預けて、銀行はそのお金をお金を借りたい人に預けます。
銀行はお金を借りたい人から利息をもらい、お金を預けた人は、銀行から利息をもらいます。
銀行はお金を貸した人からもらう利息から、預金者の利息をひいたものが銀行の利益になります。
銀行では、万が一お金を貸した先が倒産して、お金が返せなくなっても、損失は銀行が背負うことになります。
預金者が預けたお金は原則的に守られています。
一方、直接金融には証券会社があります。
直接金融では、お金を出す人投資家は企業や地方自治体から株式や債券を購入して、配当や利息を受け取ります。
企業が新規事業を行う場合に、債券を購入してくれる人を自ら探すのが困難な場合があります。
その場合、証券会社が債券の仲介販売をして、投資家と企業の橋渡しをします。
証券会社は仲介販売の手数料が利益になります。
もし株式や債券を発行した企業が、倒産した場合には損失は投資家が負います。
間接金融では、リスクは銀行が負いましたが、直接金融ではリスクは投資家が負います。
企業が倒産した時に、お金が一円も戻ってこないこともあります。
そのため、直接金融では投資家の自己判断で投資を行うことになります。
リスクが大きいのが直接金融の特徴ですが、銀行の預金者に比べ利益がはるかに大きいというメリットもあります。
つまり、投資家の自己責任で投資をするかどうか判断するか決めることになります。
日本では、海外に比べて銀行への個人預貯金の割合が多くなっていますが、規制緩和により徐々に直接金融に割合が多くなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました