• ホーム
  • SEO的に悪影響を与えそうなドメインとは

SEO的に悪影響を与えそうなドメインとは

パソコンの画面とキーボード

インターネット上の住所であるドメイン、とにかく様々な方がブログを立ち上げネット上で利用している以上、自身の立ち上げたサイトにたどり着き、記事を読んで、商品を買ってもらうためには、ドメイン選びもSEO対策に大きく関係すると言えましょう。どれだけすばらしい記事を書いたとしても、そこにやってきてくれなければ意味がありません。

まず、コンテンツに関係するキーワードを含めた短く覚えやすいものにすることをおすすめします。長すぎるものだとタイピングミスを招きやすく、たどり着きにくくなるので悪影響です。わざわざその長いキーワードを入れなければサイトにやってくることが出来ないというのであれば、諦めてしまう方も多くSEO対策として有効ではないのです。自分でも覚えにくいですし、名刺に入れるにしても場所をとります。コンテンツを表す会社名やサービス名などが含まれた出来るだけ短いもの、それが思い浮かべば最高です。

自由に決められるし直接的なSEOへの影響はないのですが、自身やユーザーの立場を考えて悪影響を与えそうなものは避けておくことです。同じくGoogle上で全く同じドメイン名、すなわち一致する住所のものが出てくるのはNGです。そうでなくともどんなに良いものが思い浮かんだとしても、他で似通ったものが見つかるのであれば避けておくことをおすすめします。ユーザーを混乱させることとなってしまいますし、打ち間違えで相手のサイトへと流れていってしまったら大変です。

逆にこちらにやってくることを狙ってのわざとの似通ったドメイン名は、悪質なやり方であるとしてGoogleからのペナルティを受ける結果となりえます。おすすめは独自ドメイン、たとえサービスが終了してしまったとしてもサイト情報が消えてしまうような心配もなく、一度取得したらずっと使い続けることが出来るのです。運用をしっかりと行っていればSEO評価も上がっていきます。たとえサーバーを変更してもURLさえ変わらなければ、以前のSEO評価をそのまま引き続きえることができます。一生付いて回るかもしれないドメインですから、慎重に考えて決めることをおすすめします。

人気のアフィリエイターのものを見て参考にするのも良いかもしれません。いくつも見ていれば法則性が見つかることもあるでしょう。ただし、それらと混乱を招きそうな小手先の技はすぐに見破られてしまいます。その結果SEOに悪影響を与えることになるのでやめましょう。

サイト内検索
人気記事一覧